千葉県船橋市の歯医者(かなや歯科医院)

矯正歯科/FAPホワイトニング/顎関節症予防歯科(歯周病、虫歯予防)/3MIX/シリコン入れ歯/バルプラスト/ジェイロックデンチャー(審美入れ歯)などの治療。 047-466-2252

永久歯のスペース不足(1期治療)/小児の矯正

前歯の生え代わりの時期に、お母様方が一番心配されるのが永久歯のスペース不足です。 この時期はまだ骨も柔らかく柔軟性があるため比較的簡単に顎を広げることができます。治療前と治療後を比較すると奥歯のほうで5mm、前歯の辺りもかなり広がっています。その結果、前歯の凸凹が解消され、これから生え変わる横の永久歯のスペースも十分確保されています。この時期に顎を広げる治療(1期治療)をすることで、永久歯に交換後、歯を抜かなくても済みます。 この治療は前歯の生え換わりの時期(大体8才ぐらいまで)に行うことが重要です。 簡単な出歯、受け口も顎を拡げることで治ってしまう場合が多く見られます。


p121arrowp141


p131arrowp151